ESSAY

週刊:今日の共産主義⑧『東ドイツを資本家と米帝から取り戻す市民の会』

全国の極左冒険主義のみなさまこんばんは。

地下に潜伏された同志の皆様、ごきげんうるわしゅう!

 

今週も週末を告げる時の声、世界に散らばる同志たちの活躍を発見して皆様にご報告する、

 

今日の共産主義の時間がやってまいりました。

 

 

さて、今週の同志の活躍はこちらです。

 

ブルジョワ広場ブランデンブルグ門

ここはベルリン。

 

こちらは一見、何の変哲もない普通のブランデンブルグ門です。

 

この区域はかつて東西冷戦の頃、ナチスを打ち破った良きドイツ人たちが設立したドイツ民主共和国、通称DDRの管理下にありました。

 

DDRは米帝の傀儡であるドイツ連邦共和国、通称西ドイツとは出自の良さからして違います。

 

今では正統なドイツであるDDR は西ドイツに吸収合併されてしまい、ブランデンブルグ門の周りは米帝と西側諸国の大使館、そしてブルジョワホテルなどに占拠されてしまっています。

 

ああ、なんたること!抑圧と収奪の歴史は今もなお続いているかのようです。

 

 

ブランデンブルグ門の左側にある、景観のそぐわないブルジョワな建物こそが、米帝の大使館です。向かいにはフランス大使館もあります。

 

そして波のように観光客が押し寄せています。ああ!プチブルたち!!

 

 

さて、そんなブランデンブルグ門の前の広場に、なにやら奇妙な一団と人だかりができています。

 

 

不審そうな顔つきで何かを見つめる人々・・・。

 

このブルジョワ広場に、いったいどんな大道芸人がいるのでしょうか?

 

 

こっ、これは・・・・!!!

 

 

ロシア国旗、シリア国旗、

 

そして我らが人民の代表政府ソビエト連邦の国旗ではありませんか!

 

大道芸人などではありません!これはまさに『東ドイツを資本家と米帝から取り戻す市民の会』に違いありません!

 

 

これはきっと人民から不法に収奪された東ドイツと富を再び人民の元に取り戻すための、聖なる戦いなのです!!

 

 

 

カエサルのものはカエサルへ!

 

 

人民のものは人民へ!

 

 

 

世界同時革命は近いですね!

 

 

ではまた来週!

PROFILE

マルクス マサオ

5月10日生まれ  マルクスマルオの双子。

タグ: , ,

  • ESSAY

    週刊:今日の共産主義⑩ 『Must crush capitalism!』

    2018-07-21

    READ MORE >

  • ESSAY

    週刊:今日の共産主義⑨『ウンターデンリンデン!ウンターデンリンデン!』

    2018-07-14

    READ MORE >

  • ESSAY

    週刊:今日の共産主義⑧『東ドイツを資本家と米帝から取り戻す市民の会』

    2018-07-06

    READ MORE >

  • ESSAY

    週刊:今日の共産主義⑩ 『Must crush capitalism!』

    2018-07-21

    READ MORE >

  • ESSAY

    週刊:今日の共産主義⑨『ウンターデンリンデン!ウンターデンリンデン!』

    2018-07-14

    READ MORE >

  • ESSAY

    週刊:今日の共産主義⑧『東ドイツを資本家と米帝から取り戻す市民の会』

    2018-07-06

    READ MORE >

  • ESSAY

    週刊:今日の共産主義⑨『ウンターデンリンデン!ウンターデンリンデン!』

    2018-07-14

    READ MORE >

  • ESSAY

    週刊:今日の共産主義⑧『東ドイツを資本家と米帝から取り戻す市民の会』

    2018-07-06

    READ MORE >

  • ESSAY, 海外, 美術

    ドイツ美術日誌:1「個展までの道のり」

    2018-07-04

    READ MORE >

  • ESSAY

    週刊:今日の共産主義⑦『ソビエトは死なない』

    2018-07-01

    READ MORE >

  • ESSAY, 海外

    かわいい子犬ちゃん〜謎雑種と眉間のシワ〜

    2018-06-24

    READ MORE >

  • ESSAY

    週刊:今日の共産主義⑥『プロレタリアは海上帝国主義を許さない』

    2018-06-17

    READ MORE >

  • ESSAY, 美術

    グイド・レーニの聖セバスティアヌスと『カルロ・ボノーニの聖セバスティアヌス』 ー週刊聖セバスティアヌス③ー

    2018-06-16

    READ MORE >

  • ESSAY

    すごい!メディアアートを見る

    2018-05-31

    READ MORE >

記事一覧 ESSAY