ESSAY, 美術

セバスティアヌスとは何者ぞ!?『フランス・ナント美術館の聖セバスティアヌスの殉教』 週刊聖セバスティアヌス①

全国の聖セバスティアヌス・ファンのみなさん、こんばんは!

 

みなさまにおかれましては聖セバスティアヌスへの傾倒と信仰に、ますますご健勝のこととお慶び申し上げます。

 

聖セバスティアヌスの殉教(グイド・レーニ 1615年 ローマ、カピトリーナ絵画館)
Genova, Musei di Strada Nuova

 

聖セバスティアヌスとは何者ぞ

かつては黒死病除けの守護聖人として、近代は同性愛者の守護聖人として、キリスト教圏で多くの信仰を集めてきた聖セバスティニアヌス。

 

オスカー・ワイルド三島由紀夫テネシー・ウィリアムズなど、同性愛を作品テーマにした多くの芸術家が、その作中でセバスティニアヌスに触れてきました。

 

 

セバスティアヌスは元はローマの軍人で、キリスト教禁教の時代にキリスト教徒であるがために柱に縛られ、矢で射抜かれ処刑されるものの、神の加護で死ななかったとされています。ハリネズミのように沢山の矢が刺さったとか。

 

 

この逸話から、矢に射抜かれた裸体の男性として、しばしば絵画や彫刻に登場します。

 

 

また、神の加護ゆえに死ななかったことが、

 

 

矢によっては痛みを感じず、むしろ信仰によって法悦を得た

 

 

と解釈されるようになり、時代を経るにつれセバスティアヌスを題材にした作品の表情はどんどんと恍惚感をもったものに変化していきます。

 

このことが、セバスティアヌスのゲイ・シンボル化に一役買ったことは想像に難しくありません。

 

 

さて、そんなセバスティアヌスですが、欧州には実に多量で多様なセバスティアヌスの表現があることを皆さんはご存じでしょうか?

 

 

本連載は、わたくし【タイヘイ】が欧州放蕩乞食旅中に発見した様々な聖セバスティアヌスをみなさんにご紹介し、セバスティアヌスに傾倒した多くの芸術家と三島由紀夫先生を顕彰する為の記事になります。

 

今週のセバスティアヌス ナントの聖セバスティアヌス

こちらは、フランス西部のブルターニュ半島の付け根に位置する町、ナント(Nantes)のMusée des Beaux-Arts de Nantes-ナント美術館において展示されていた聖セバスティアヌスの絵画です。

 

(1625年ニコラ・レニエ作 普段はドレスデン、アルテ・マイスター絵画館に展示されている。)

 

まず、目につくのがしっとりとした長髪と憂いと湿度のある眼差し、艶やかな顔、そして美しい青年らしい肉体。

 

どこか、高い体温、微熱を感じる。

 

なんとも色っぽい、まるで矢など刺さっていないよう。

 

身体に受けている矢の数は2本とわずかですが、生命にとって致命的な場所を貫いています。そして、冒頭紹介したグイド・レーニのセバスティアヌス像とちょうど左右正反対、鏡像の位置に矢が刺さっています。

 

この写真ではわかりづらいですが、縛られつつ何かに腰を掛けています。これは直立がデフォのセバスティアヌスの中では珍しいです。

 

 

こちらもまた、信仰と肉体美を併せ持った、良いセバスティアヌスですね!

 

 

 

来週のセバスティアヌスにもご期待ください!

PROFILE

タイヘイ

桃栗三年柿八年、わたしはきっと五十年。 現在芸大休学生、もうすぐ休学を休みます。 好きな物は歴史とクラシックカメラ

タグ: , ,

  • REVIEW, カメラ

    自宅で簡単、大判フィルム現像!~現像編~

    2018-07-01

    READ MORE >

  • SPOT, 海外

    エカテリンブルクの見どころ・オススメ観光スポット11選!

    2018-06-24

    READ MORE >

  • REVIEW, 海外

    安くて美味しい!! ロシアの大衆食堂『スタローバヤ / Столовая』のごはんと使い方

    2018-06-24

    READ MORE >

  • REVIEW, カメラ

    自宅で簡単、大判フィルム現像!~現像編~

    2018-07-01

    READ MORE >

  • SPOT, 海外

    エカテリンブルクの見どころ・オススメ観光スポット11選!

    2018-06-24

    READ MORE >

  • REVIEW, 海外

    安くて美味しい!! ロシアの大衆食堂『スタローバヤ / Столовая』のごはんと使い方

    2018-06-24

    READ MORE >

  • REVIEW, カメラ

    自宅で簡単、大判フィルム現像!~準備編~

    タイヘイ

    READ MORE >

  • REVIEW, 海外

    安くて美味しい!! ロシアの大衆食堂『スタローバヤ / Столовая』のごはんと使い方

    2018-06-24

    READ MORE >

  • REVIEW, カメラ

    自宅で簡単、大判フィルム現像!~準備編~

    2018-04-03

    READ MORE >

  • REVIEW

    アーロンチェアとコンテッサ・バロン、どっちが良い?使ってみた感想とメリット&デメリット

    2017-11-16

    READ MORE >

  • REVIEW

    世界を分析する力を! 『ものぐさ精神分析』2-書評

    2017-10-17

    READ MORE >

  • REVIEW

    世界を分析する力を! 『ものぐさ精神分析』1-書評

    2017-10-15

    READ MORE >

  • REVIEW

    認識・仕事論としての『「松本」の「遺書」』2-書評

    2017-10-14

    READ MORE >

  • REVIEW

    認識・仕事論としての『「松本」の「遺書」』1-書評

    2017-10-13

    READ MORE >

記事一覧 REVIEW