SPOT

皇族方が目の前に!新年は一般参賀で皇居のなかへ行ってみよう!

新年1月2日には、皇居で一般参賀が開催されます。

 

ご存知のとおり、天皇皇后両陛下はじめ皇族方がお出ましになり、新年の挨拶をなさる催しです。

 

新年を祝う象徴的なイベントですね。

 

一般参賀」とあるように、わたしたち一般人が皇居内に入れて、皇族方を生目で見ることができる希少な機会!

 

平成29年(2017年)に実際に行って来ましたので感想を。

日の丸の太陽に向かって、二重橋を渡る

皇族方のお出ましは、朝の10時ごろから昼14時半ごろまでで、計5回あります。

 

一番はじめの回は、成人されたすべての皇族方が出席されるのもあって、もっとも参加者が多くテレビでも生中継されます。

 

わたしが行ったのは、最後の回(14時半ごろ)でした。

駅を出て新年の空気を吸いながらオフィス街を歩いていくと、すでに人波が。

 

 

静かで人気の少ない、いつもの皇居前広場と違いますね。

入場ゲートの前では団体らしき人たちが、紙とストローで出来た日章旗をくばっています。

貰うのはもちろん自由ですが、せっかくなので頂いておきます。

 

 

警視庁、皇宮警察ともに、いつも以上に目を光らせています。

 

コート姿でマスクをした、明らかに目つきが違う人たちがいて、目が合うとかなりコワイ!

と同時に、「新年から大変なお仕事、ご苦労様です〜」と頭を下げたくなりました。

 

 

 

10分ぐらい並んで手荷物検査をしたら、二重橋こと正門鉄橋を渡ります。

 

この日は、見事な晴天。

日の丸のごとく、さんさんとした太陽と青空が美しいですね。

新年のこの季節が、太陽と地球の距離がもっとも近いんですよ。

 

 

 

皇宮護衛官

 

門番の方、背筋良いですね〜。

さすが皇宮護衛官!

制服も上品な作りです。

皇居の中は青空と緑でいっぱい

日本の中枢、それも東京のど真ん中にある皇居内は、森林の香りで満ちています。

 

 

新年の空気も相まって、人が多いというのに安らぎしか感じられません。

 

あまり知られてないことですが、皇居の中には水田もあります。

天皇皇后両陛下はじめ、皇族方が実際に手入れをされているのです。

そもそも天皇は五穀豊穣を祈るというのが一番重要なお仕事ですからね。

 

モグラやオオタカ、白鳥といった野生動物も自生したりやって来たりします。

自然そのものの世界が、都心のど真ん中に広がっていると思うと、不思議な感じがしますね。

長くて大きい、長和殿と広場!

 

そんな自然公園のような皇居内を歩いていくと、とっても長い建物と、とっても大きい広場に着きます。

 

この長和殿(ちょうわでん)は、皇族方がお出ましになるベランダがあると同時に、さまざまな用途に使われる多目的施設です。

全長は163メートル!

目の前で見ると予想以上に迫力があります。

ベランダ本来むき出しだったようですが、パチンコ玉事件があって以来、防弾ガラスが設けられています。

 

 

お出ましまで待機。

全国各地だけでなく、外国の方もたくさんいました。

 

この間、後方にいる皇宮警察の方々が、注意事項等をアナウンスします。

基本、ぜんぶ日本語でやっていたのですが、英語のアナウンスもあった方が良いかな、と思ったり。

外国人観光客が増加しているのもあるので、宮内庁はそのあたり見直して頂きたいところ。

いよいよ、お出まし!

さて待つこと十数分、前方で「バンザーイ!」とやかましく叫んでいた人たちも、沈黙。

 

「空気が変わる瞬間」というのは、まさしくこのことです。

 

天皇皇后両陛下はじめ、皇族御一家のお出ましです。

 

 

 

日章旗とパタパタと、スマホ撮影で見えない……

(自分も撮っていて言うのもなんですが)

 

 

これは比較的、ちゃんとお姿が拝見できますね。

向かって真中に天皇皇后両陛下、左側が皇太子ご夫妻、右側が秋篠宮ご一家。

皇后陛下はじめ、女性皇族方の服の色合わせが麗しいですね。

 

1分ほど、ご一家は参賀者を見回すよう御手を振られました。

 

そして天皇陛下から「新年おめでとう」というお言葉。

一節一節ゆっくりと、けどもしっかりとした、新年にふさわしいスピーチでした。

歴史の重みを感じさせる宮内庁舎

お出ましはあっという間、3分〜5分ぐらいで終わります。

 

案内に誘導されて、帰路へ。

この時、宮内庁を見たいならば半蔵門方面へ向かいましょう。

 

 

この庁舎は昭和10年(1935年)にできました。

先の大戦など、ここでさまざまな判断がされたと思うと、歴史の重みを感じます。

 

そこから出口まではかなりありますが、自然豊かなので森林浴をしているよう歩けます。

宮内庁関係者だけでなく、植木業者など一般の方たちもふつうに仕事をしていて、皇居内にいるのを忘れてしまうほど。

半蔵門で出待ち

皇居を出ると、国道401号線沿い(半蔵濠沿い)を歩いてみます。

番町という高級マンション街やイギリス大使館を眺められます。

 

関連記事:番町は高級マンション街にして元祖お屋敷街!

 

やがて半蔵門口に着くと、警察と人だかりが。

 

俗に言う、「出待ち」ですね。

 

指揮している年配のおまわりさんも、「もうすぐ出てこられるんで、待っといてくださいね〜」とフランクな口調。

 

待っている人も騒いだりせず落ち着いてました。

 

やがて、場が騒然とします。

 

 

雅子妃殿下が、東宮御所に帰られるのです。

 

窓をすぅーっと開けて御手を振るお姿は、まるで彫刻みたいでした(俗っぽい言い方)。

 

 

車越しとはいえ、こんなに近くで拝することができるとは!

 

新年早々朝からの公務(事実上)が終わって、帰り際まで国民と接しようとするお姿、素直に頭が下がります。

来年と再来年は、過去最多の参賀者が見込まれる

今年平成29年(2017年)の合計参賀者数は96,700人でした。

これは平成6年(1995年)111,700人に次ぐ数字です。

 

そして来年、平成30年(2018年)は「平成」とつく最後の一般参賀となるでしょう。

ご周知のとおり、「退位特例法」が成立し、公布されています。

なので今上天皇は、来年をもって退位されるわけです。

となれば、来年平成30年が今上天皇が主催する最後の新年一般参賀ということに

 

※追記(2017/12/02)

2017年12月1日の皇室会議により、2019年(平成31年)4月30日をもって譲位されることが決定しました。

そのため、来年(2018年)と再来年(2019年)の一般参賀まで、今上天皇が主催されることになります。

 

残り2回の一般参賀、多くの参賀者が見込まれます。

最後の2019年の参賀は、平成史上最多の人数となるでしょう。

新年一般参賀アクセス情報

皇居への最寄駅と路線は、以下のようにたくさんあります。

●坂下門へ
地下鉄千代田線二重橋前駅(6番出口)

又は地下鉄三田線大手町駅(D2出口)から約650m(徒歩約15分)

JR東京駅(丸の内中央口)から約1000m(徒歩約20分)

●桔梗門へ
地下鉄千代田線二重橋前駅(6番出口)

又は地下鉄三田線大手町駅(D2出口)から約350m(徒歩約10分)

JR東京駅(丸の内中央口)から約700m(徒歩約15分)

●大手門へ

地下鉄各線の大手町駅(C13a出口)から約200m(徒歩約5分)

地下鉄千代田線二重橋前駅(6番出口)から約700m(徒歩約10分)

JR東京駅(丸の内北口)から約1000m(徒歩約15分)

●平川門へ

地下鉄東西線竹橋駅(1a出口)から約200m(徒歩約5分)

●北桔橋門へ

地下鉄東西線竹橋駅(1a出口)から約400m(徒歩約5分)

参考:宮内庁公式サイト

大手町駅は時間がかからないようにみえますが、出口がたくさんあり、また駅構内もかなり歩くので注意が必要です。

 

オススメは二重橋前駅。

名前どおり、二重橋前まですらすらと行きやすいんですよ。

 

駅構内には参賀順路の看板があるので、基本的には迷うことはないでしょう。

仮に迷っても、駅員さんに聞けばすぐに教えてくれます。

 

ということで、めったに入れない皇居内に入り皇族方のお姿を拝して、新鮮な気持ちで新年を迎えてみてはいかがでしょうか。

 

いつもと違った「ハレ」の気分が、味わえますよ!

 

関連記事

昭和天皇が眠る武蔵陵墓地は、森林浴もできる緑でいっぱい

美智子皇后の出身地、池田山(東五反田5丁目)の地価と評価〜高級住宅街をゆく

PROFILE

osika_staff

osika編集部です。 みなさんがちょっぴり気になるような事を少し掘り下げてみます。

http://osika.org/

タグ: , , , ,

  • FASHION

    2018年メンズ春夏大注目アイテム「ロンT」のコーデとオススメアイテムはこれだ!

    2018-03-21

    READ MORE >

  • 松濤 高級住宅街 大邸宅 お屋敷

    高級住宅街

    通学に便利な東京の高級住宅街はどこ?一人暮らしにもオススメの街5選

    2018-02-12

    READ MORE >

  • ラムネ玉の夢

    テスト投稿です。テスト投稿で18文字

    2018-02-09

    READ MORE >

  • FASHION

    2018年メンズ春夏大注目アイテム「ロンT」のコーデとオススメアイテムはこれだ!

    2018-03-21

    READ MORE >

  • 松濤 高級住宅街 大邸宅 お屋敷

    高級住宅街

    通学に便利な東京の高級住宅街はどこ?一人暮らしにもオススメの街5選

    2018-02-12

    READ MORE >

  • NEWS

    ヴィオラ奏者、指揮者の大山平一郎氏へインタビューしました!

    2018-02-01

    READ MORE >

  • ボブ・ディラン Tシャツ

    FASHION

    『ボブ・ディラン 2010日本ツアーTシャツ』〜わたしを作ったコレクション

    2018-01-26

    READ MORE >

  • ボブ・ディランのファッション 60年代 ジョーン・バエズ

    FASHION

    ボブ・ディランのファッション~リーバイスからレイバンへと変貌した追憶の60年代

    2017-11-21

    READ MORE >

記事一覧 FASHION