ビットコイン 仮想通貨 2017/12/18

仮想通貨

仮想通貨との付き合い方〜高値づかみでも乱高下に一喜一憂しない方法

ビットコインが最高値を更新!

 

ビットコイン 2017/12/18

 

先週は190万円台をヨコヨコしていましたが、CBOE(シカゴ・オプション取引所)やCME(シカゴ・マーカンタイル取引所)で先物取引スタートという好材料で200万円台に

 

人工知能では「来年(2018年)秋ごろに220万円突破」なんて予想をしていましたが、あっという間でしたね。

ビットコインはじめ仮想通貨は、人工知能すら予想できない領域に突入しているわけです。

 

ビットコイン 仮想通貨 2017/12/18

 

もちろん、暴落という名のバンジージャンプつきです。

 

今回は220万から200万ですか〜。

ま、バンジージャンプだからすぐ跳ね返るんですけどね。

 

そんな中、「高値づかみをしてしまった……」とヘコんでいる人も多いようで。

チャートを見るたびに、ため息ついたりホッとしたしたりするんだとか。

 

気持ちはわかりますけど、チャートの乱高下に一喜一憂する必要あるのでしょうか?

もっと楽な気分で構えていて良いはずです。

 

以下、仮想通貨との付き合い方を考えてみましょう。

乱高下は通過儀礼

今現在、200万円〜220万円台でビットコインを買うと、もちろん高値掴みとなります。

 

そして1時間後には数十万ぐらい下落している、なんてこともあるでしょう。

そうなると、当然生きた心地がしないし、ため息しか出ません

 

ですが、これはもう通過儀礼あるいは洗礼と思ってください。

 

仮想通貨は株と違って、24時間365日取引されます。

そのため、流れがとんでもなく早い。

当然、急激に上がりもするし、隕石が落ちたかのように地殻変動も起る。

 

そしてそれを何回も繰り返しているのです。

 

 

この1ヶ月のチャートです。

 

11月18日には86万円でした。

 

26日には100万円を突破し、ギザギザと乱高下しながら、12月8日には222万円へ。

「よっしゃー!!!」

と喜ぶのもつかの間、2日後の10日には150万円と72万も暴落……

 

しかしそこからすぐに反動し、横ばいしながら、12月18日には227万円を記録

 

この1ヶ月だけで141万も上昇したわけですね。

そりゃ誰もが「バブル」なんて言いますよ。

 

関連記事:ビットコインはバブル?仮想通貨のメリット&デメリットと3つの主要取引所

 

でもま、そういう世界なんです、仮想通貨って。

ビットコインに限らず、リップルやNEMといった他のアルトコインも同じ。

 

なので、この無慈悲な乱高下についていけないなら、仮想通貨なんて手を出さない方が良いです。

精神が不安定になって日常生活が破綻したら、身もフタもないですからね。

買ったら寝とけ

しかし、買ってしまったら最後「チャートが気になってしょうがない!」というのが人というもの。

 

それも、四六時中

 

朝起きたらまずチャートをチェック。

電車の中でもスマホでチェック。

仕事よりもチャートをガン見。

昼食はチャートがおかず。

帰宅しても、プロ野球観戦のごとく、酒飲みながら一喜一憂。

そして夢の中でも……

 

こんなの仮想通貨廃人じゃないですか。

ギャンブル中毒と変わりません。

 

なので、チャートを見るのは必要最低限にしましょう。

というか、仮想通貨を買ったら、とりあえず忘れてしまいましょう。

 

果報は寝て待て

と昔の人は言いましたが、まさしくそのとおり。

 

どうせ上がる相場なんだから、買ったら寝て待っておけば良いんです。

つまり長期保有(ガチホールド)

少なくとも、この1,2年の間はその方が合理的だし、精神衛生的にも健全です。

 

関連記事:ビットコインと仮想通貨はいつが買い時?3つの視点から考える投資戦略

全財産をつぎ込むな!絶対に余剰資金でやろう

いくら上がる相場だからと言って、全財産をつぎ込むのは愚の極み

 

あたり前ですね。

でも、人間とは情に流されやすい生き物。

ついつい「あとちょっとだけ……!」と入れ込んでしまいます。

 

で、気づいたら生活費にも手を出していたり。

最悪なのは借金してまでやってしまうこと。

アホですね。

 

そんなのは投資でもなんでもなく、単なるギャンブルです。

パチンコやカジノのそれと変わりありません。

高値づかみでガクブルしている人は、思い当たる節があるのでは?

 

仮想通貨取引に限らず、投資とは余剰資金でやるべきものです。

基本的には、1ヶ月の生活費や娯楽費から差し引いて、その残りを当てる。

貯金を使う場合、今後5年間に使う費用を計算して、そこから逆算して残ったお金で買う。

 

この時、信用取引やFXなどに手をつけてはいけません。

絶対に現物で!

 

投資とは、減っても困らないお金を使ってやるものです。

そうすれば、投資額がマイナスになっても、文字どおり自分の首をしめることにはなりません。

まとめ

上記をまとめると以下のとおり。

 

・チャートを気にするのは必要最低限にとどめて、基本長期保有!

・失っても良いゆとりある余剰資金でやる!

 

この2つの戦略を取れば、大波小波にも飲まれません。

 

投資とは、お金に対して理性的である人が最後には勝つようになっているわけですからね。

仮想通貨を試しに持ってみたい人は、まだ安いアルトコインか積立で

ビットコインが200万円という値段になってしまった今、アルトコインを買う人が増えています。

 

 

連日上昇を続けているアルトですが、ライトコインは3万6000円台ですし、リップルやネムは100円手前です。

 

上記画像の coincheck(コインチェック)では、アルトコイン12銘柄が買えます。

 

投資予算が明確に決まっている場合は、積立でやるのがスマート。

少額で出来るし、リスク分散にもなるし、パフォーマンスも高い。

とりあえず、毎月1万円ずつやってみると良いと思います。

 

取引所では、Zaif(ザイフ)でやるのがオススメです。

他の取引所より手数料が安いですし、いろんなトークンやコムサも買えますからね。

 

関連記事

仮想通貨取引所で「あの祭り」感覚をもう一度!COMSAとチャット文化

2018年のビットコインと仮想通貨はどうなる?税金と将来性から考える

ビットコインよりもモナコインの方がおもしろい!国産仮想通貨としての可能性と将来性

 

PROFILE

マルクス マルオ

旧来のキャピタリズムから脱却するため、2017年より仮想通貨を開始。悶々と株に費やした時間はなんだったのか、と思う日々。

タグ: , , , ,

記事一覧 仮想通貨