LIFE

リアル書店に行くことで得られる「5つのメリット」

みなさんは、本屋さんにどれぐらいの頻度で行ってますか?

 

わたしの場合、週1、2回はジュンク堂や三省堂といった大型書店に通っています。

お店に行くたびに、「リアル書店だからこそ、得られることが多いなあ」なんて感慨にふけりながら、ピカピカの本を手にします。

 

街場の書店が減少して久しいですが、超大型書店やイオン店内に出店している未来屋書店といった「現代型の本屋さん」は身近になっています。

アマゾンで本を買うことが当たり前になった今、リアル本屋さんに行くメリットとはなんでしょう?

 

実は、かなりあるんですよ。

時代の流れや流行がネットよりつかみやすい

意外なことかもしれませんが、リアル書店に行った方が、「まとまった情報」が得られることが多いのです。

これはリアルゆえに生まれる「時間差」があるからこその「情報」。

 

ネットというのは、あまりにゴチャゴチャし過ぎです。

その情報自体も雑多すぎるし、また信憑性も薄い。

「見ていたら頭が混乱してきて、結局なにも身についてなかった」

なんてこと、よくありますよね。

 

一方、書店に出向くと、比較的まとまった情報と遭遇することができます。

たとえば平積みになっている新刊本をざっと眺めれば、「いま何が流行っていて」、「これから何が起るのか」が把握しやすいのです。

 

店頭にあるランキングもそうですね。

アマゾンにも売り上げランキングがありますが、すぐに更新されてしまうため、何がなんだか分からなかったりします。

一方、書店の売り上げランキングは一週間分だったりするので、ベストセラーがすぐに分かるわけです。

加えて、その店舗の統計だったりするので、独自性と特色があって、それを眺めるだけでも面白いです。

 

新聞で書評されていた本のコーナーをじっくり立ち読みできるのも、リアル書店ならでは!

知的好奇心が活性化される

ネットだとクリックひとつで欲しいものを買ってそれで終わり。

ですが、リアル書店だと、まわりにある本もつい手を取ってしまいますよね。

 

買う買わないは別としても、「こんな本、あったんだ!」という発見が得られるのです。

アマゾンでも関連書籍がばーっと出ますが、それとは違う発見というか感覚が刺激されて、アドレナリンがあふれてくるんです。

 

それに書店の棚は「見せ方」が非常にうまいんです!

売るわけですから当然ですが、本の配置ひとつとってもプロならではの「見せ方」が感じられます。

三省堂池袋店やTSUTAYA六本木・代官山などは、そのセレクトされた本を眺めにいくだけでもワクワクします。

メリット3 視野が広がる

上記と被りますが、まわりに置いてある本に気づくだけでも、文字どおり視野が広がります

 

たとえば、わたしが以前経験したこと。

 

買う目的だった小難しい本のまわりにはなぜか、『ビューティフルピッグ』という豚の写真集と、落合博満の息子である落合福嗣による『フクシ伝説 うちのとーちゃんは三冠王だぞ!』といった本が置かれていました。

手にしてみると、これがものすごく面白い!

ということで、この2つもつい買ってしまいました。

それから豚にも落合福嗣にも興味がわいて、いろんな知識や楽しみが増えたわけです。

たぶん、この時あの本屋さんに行かなかったら、豚にも落合福嗣も興味なく人生を終わったんだろうな、とたまに思います。

 

これは別に特異な例ではないんですよ。

本屋さんに足を運ぶと視野と知の拡大が往々にしておこるのです!

運動ができる

読書家は、運動不足になりがちですよね。

 

そこでオススメの運動法が、「大型書店へ行ってすべてのフロアを回る」こと。

やってみれば分かりますが、1日潰れます。

 

ジュンク堂書店池袋店を例にするとこんな感じです。

 

朝10時の開店と同時に入店。

このお店は、地下1階から9階までと大まかに言って、10フロアもあります。

マンガ、雑誌、地図、趣味、文芸、人文、ビジネス、法律、医学、コンピュータ、理工、農学、学習参考書、語学、児童書、芸術書、洋書……

と、すべての棚を回りましょう。

 

疲れたなら、設置されているイスに座るか、4階の喫茶店でお茶をすると良いです。

すべてをまわりきった時には、窓の外が真っ暗になっているでしょう!

お店を出たら、「身体はクタクタだけど、頭はアドレナリン大分泌」と最高な気分になりますよ。

 

わたしの経験上、本当にひとつひとつ回ったら、10時間ぐらいかかります。

幸い、ジュンク堂書店池袋本店は23時までやっています。

開店と同時に行けば十分ですね。

 

すべての棚をまわることは、運動になるだけでなく、上記メリットにあるよう視野が広がることを促してくれるんですね。

べつに受験生ではなくとも過去問をめくってみたり、スポーツに興味がなくてもラグビー雑誌を読んでみたりすると、そこには新たな発見が!

メリット 5立ち読みができる=中身が確認できる

最後に、誰もが知っているメリットを。

 

リアル書店では立ち読み=中身が確認できる、というのはネットでは絶対にできないことです。

 

試し読み、という機能はありますが、せいぜい目次と冒頭ぐらいですよね。

世の中にあるのは、ちゃんと実物を見ないと分からない本ばかりです。

 

これは、服や靴を買うのと似ているのではないでしょうか。

サイズもよく分からないのでネットでは買わない、のと同じく。

だからか最近、「本のセレクトショップ」みたいなのが増えている……のかもしれません!

リアル書店に行くことのメリットまとめ

以上をまとめるとこんな感じです。

メリット1 時代の流れや流行がネットよりつかみやすい
メリット2 知的好奇心が活性化される
メリット3 視野が広がる
メリット4 運動になる
メリット5 立ち読みができる=中身が確認できる

本屋に行く、というあえて面倒なことをするからこそ、得られるものは大きいのです。

 

気まぐれにふらっと入るのも良いですが、できれば、習慣化するとなお良いですね。

週に1回か、月に2回は行く、といった感じに。

 

以上、参考になれば幸いです。

 

本屋関連の記事

本はどこで買うのが1番お得? – Amazonと大手書店のポイント比較

ブックオフはこう使え!読書家のためのブクオフ活用術

 

PROFILE

osika_staff

osika編集部です。 みなさんがちょっぴり気になるような事を少し掘り下げてみます。

http://osika.org/

タグ: , , ,

  • FASHION

    2018年メンズ春夏大注目アイテム「ロンT」のコーデとオススメアイテムはこれだ!

    2018-03-21

    READ MORE >

  • 松濤 高級住宅街 大邸宅 お屋敷

    高級住宅街

    通学に便利な東京の高級住宅街はどこ?一人暮らしにもオススメの街5選

    2018-02-12

    READ MORE >

  • ラムネ玉の夢

    テスト投稿です。テスト投稿で18文字

    2018-02-09

    READ MORE >

  • FASHION

    2018年メンズ春夏大注目アイテム「ロンT」のコーデとオススメアイテムはこれだ!

    2018-03-21

    READ MORE >

  • 松濤 高級住宅街 大邸宅 お屋敷

    高級住宅街

    通学に便利な東京の高級住宅街はどこ?一人暮らしにもオススメの街5選

    2018-02-12

    READ MORE >

  • NEWS

    ヴィオラ奏者、指揮者の大山平一郎氏へインタビューしました!

    2018-02-01

    READ MORE >

  • ボブ・ディラン Tシャツ

    FASHION

    『ボブ・ディラン 2010日本ツアーTシャツ』〜わたしを作ったコレクション

    2018-01-26

    READ MORE >

  • ボブ・ディランのファッション 60年代 ジョーン・バエズ

    FASHION

    ボブ・ディランのファッション~リーバイスからレイバンへと変貌した追憶の60年代

    2017-11-21

    READ MORE >

記事一覧 FASHION