仮想通貨

ビットコインはバブル?仮想通貨のメリット&デメリットと3つの主要取引所

ビットコインをはじめとする仮想通貨が大きな注目を浴びています。

 

「2017年は仮想通貨元年」という声もよく聞きますよね。

来年以降も成長が見込まれ、21世紀型の新通貨として期待されています。

 

一方で社会的な認知度はまだまだ。

「仮想通貨ってなに?」

と、思っている人が大多数です。

 

そこで本記事では、仮想通貨のメリットとデメリット、そして主要銘柄の価格推移とその特徴を記してみたいと思います。

仮想通貨とはそもそも何か?

仮想通貨を一言で表すと、

公的機関を介さないで発行できる、インターネット上で取引できるコミュニティ内の通貨

となります。

 

普通の通貨(日本だったら円で、アメリカだったらドル)と比べてみましょう。

円やドルといった通貨は、国家が発行し、またその価値を保障しています。

これを法定通貨といいます。

 

仮想通貨は、その逆。

特定の国家が発行したり、その価値を保障したりすることはありません。

日本銀行や財務省のような「通貨の流れ」を整理する機関も無い。

その仮想通貨のコミュニティ内(たとえばビットコインを取引する人たち)のみで、価値が変動するのです。

そして利益不利益関係なく、円やドルといった法定通貨に交換が可能

 

管理者がいないからこそ、価値が急変動します。

激増することもあれば、激減することもある。

まるでジェットコースターのごとく。

 

しかし、だからこそ短期で利益を得ることが可能なのです。

あとで詳しく述べますが、ビットコインは今年1年でとんでもなく上昇しました。

仮想通貨の最大のメリットは海外送金が得なこと

仮想通貨は、投資だけがメインではありません。

 

むしろ投資以上に大きなメリットなのは、外国への送金です。

 

普通の通貨を国際送金するとなると、バカげた手数料と為替マージン、そして日数がかかりますよね。

ゆうちょ銀行を使って円からドルにした場合だと、

2,500円+仲介手数料+為替マージン+受取手数料

と、桁違いの手数料を取られてしまいます。

さらに、4〜6日ほどかかるという有り様。

とんでもなく手間がかかってしまいます……

 

仮想通貨はどうでしょうか?

取引所によりますが、格安そして瞬時に海外送金ができます。

もちろん、金額も地域も関係なく一定に。

為替なんて面倒なことする必要ありませんからね。

 

大手取引所である「コインチェック」の送金手数料は、

・ビットコインだと0.0005 BTC=約497円

・イーサリアムだと0.01 ETH=約500円

と、圧倒的に安く送金できます(いずれも2017/11/28現在)。

 

グローバル化された現在、海外送金は今後さらに使われていきます。

仮想通貨はその手軽さと手数料の安さで、今後の海外送金のスタンダードになっていくでしょう。

 

仮想通貨のデメリットは国家の担保がないこと

メリットがあればデメリットもあります。

 

仮想通貨の1番のデメリットは、国家が価値の保障をしない、ということにつきます。

メリットの裏返しですね。

 

公的機関に制約されない分、自由度が高いので価格変動が大きく、上昇しやすい。

その一方で何かトラブルが生じたら、「国家が価値調整をしてくれる」なんてこと、まずありません。

 

つまり、仮想通貨を使うということは、自己責任性が非常に求められるのです。

自由を得る代償、とでも言ったら良いのでしょうかね。

 

ただし仮に暴落しても、信用取引でもしない限り、マイナスになることはありません。

これは普通の株取引と同じ。

ビットコインはどれぐらい急騰したか?

仮想通貨の代表格であるビットコイン。

 

さまざまな騒動に乱高下しながらも、連日、最高値を記録しています。

 

今年2017年1月の1BTCの価格は約11万円でした。

それから緩やかに上昇を続けて5月には30万円を突破。

高下しながら8月から9月にかけて40万から50万円台と高騰。

 

しかし、9月15日に大幅下落、一気に35万円へ……

この急落の理由は、中国の三大仮想通貨取引所であるビットコイン・チャイナ(BTCC)が9月末を持って取引を停止するとのニュースによるもの。

こういったことで簡単に暴落してしまうんですね。

 

ですが、復活もまた容易いことでした。

暴落をチャンスと見た投機家たちがこぞって買いまくり、その1ヶ月後の10月半ばには60万円台へ急騰。

そして11月初旬には80万円を突破。

 

しかしまたしても暴落が!

ビットコインの分裂危機から、70万円へとナイアガラ……

 

ですがおなじみのように、すぐに回復。

11月半ばから本記事執筆現在まで、まるで昇り龍のごとく上昇を続け、80万、90万……

そして100万円を越えました。

本記事執筆現在(2017/11/28)、112万円台にあります。

ビットフライヤーなどでチャートを見たらわかりますが、チャートの形が完全にジェットコースターです。

 

単純計算で、もし1月の時点で10万円分買っていったら100万円

100万円分のビットコインを買っていたら1,000万円

1,000万円分買っていたら、1億円……

ビットコインはバブル状態?他の仮想通貨にも注目

ビットコインを今年1月に買っていた人は10倍も儲けたことになります。

 

巷では、「ビットコイン長者」や「億り人」といった言葉が飛び交っていますね。

一方で、「ビットコイン(ひいては仮想通貨)はバブルでもう終わり」といった声も聞こえます。

 

実際、どうなのでしょう?

 

世界的な金融関係者たちも意見が別れています。

ビットコインの神と称されるロジャー・バー氏は、「ビットコインは今後1000倍になる」と当然のごとく支持しています。

 

対してJPモルガンのジェイミー・ダイモンCEOは「ビットコインを買う人は愚かで、最後は国が潰す」と極めて批判的。

 

その中間である様子見派もたくさんいます。

 

はたして、ビットコインはバブルなのでしょうか?

 

今年のチャートの流れと有力者の発言をふまえてみると、「ビットコインがバブルかどうかは、誰にもわからない」となるのではないでしょうか。

身もフタもない言い方ですね。

しかし今年のチャートを振り返っても、「これほどまでに暴落を繰り返してはすぐに急騰し上昇する」というのは、これまでの株取引にはまず見られない現象です。

だから、そもそも予想がつかない。

あまりに新しい通貨であるから、確固たる方法論なんて存在しないのです。

 

バブルかもしれないし、上昇傾向にあるかもしれない――

このどちらかを、自分で考えて判断して使いこなすしかないのです。

自己責任性が、ここでも大きく求められますね。

 

仮にビットコインのバブルがはじけたとしても、他の仮想通貨(アルトコイン)が上昇するのではないか、という見方もできます。

そう、仮想通貨はビットコインだけじゃないのです。

 

たとえば、ビットコインに次いで時価総額が大きいイーサリアムの場合。

今年1月はたった1,200円台だったのが、今では5万円台に。

 

時価総額4位のリップルは1月時点で0.7円程度で1円にもなりませんでした。

しかし、3ヶ月には100倍上昇という信じられない伸び率を達成。

 

仮想通貨は、現在だけでも600種類はあると言われます。

それが今後も増えていくはずなので、

べつにビットコインだけが仮想通貨ではない

と冷静に考えると、選択肢が広がっていきます。

代表的な仮想通貨取引所3つ

仮想通貨が600もあると、訳のわからない怪しい通貨もたくさんあります。

 

そして、例外なく不安定なもの。

時価総額1位であるビットコインですらそうです。

そこを見極めるのもまた自身の判断力に頼るしかありません。

 

取引所もたくさんありますね。

ざっと数えただけでも20社近くあります。

代表的なのを3つ紹介しておきましょう。


bitflyer/ビットフライヤー

 

取引所最大手のビットフライヤー。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 

仮想通貨やビットコインと検索すると、真っ先に上位に出てきますね。

取り扱っている仮想通貨は以下の通り6種類。

・ビットコイン
・ビットコイン・キャッシュ
・イーサリアム
・イーサリアム・クラシック
・ライトコイン
・モナコイン

ビットコインかイーサリアムだけ使えれば良い、という人はビットフライヤーで十分でしょう。

最大手という安心感を買ったと思えば、取引手数料も目をつむります。

 


Zaif

 

手数料がとても安いことで支持を得ているZaif。

取り扱い通貨は4種類。

・ビットコイン(Bitcoin)
・イーサリアム(Ethereum)
・モナーコイン(Monacoin)
・ネム(NEM)

仮想通貨の取り扱いは少ないですが、トークンの売買もできます。

このトークン、まだ注目が低いですが将来性に期待されています。

 


coincheck/コインチェック

 

仮装通貨をたくさん扱っているのがコインチェック。

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

 

その品揃えは国内トップシェアです。

取り扱っているのは以下13種類。

ビットコイン(Bitcoin)

ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash)

イーサリアム(Ethereum)

イーサリアムクラシック(Ether Classic)

リップル(Ripple)

ネム(NEM)

ライトコイン(Litecoin)

ダッシュ(DASH)

モネロ(Monero)

ジーキャッシュ(Zcash)

オーガー(Augur)

リスク(Lisk)

ファクトム(Factom)

たくさんありますね。

サイトデザインはシンプルで、とても見やすいのが好感を持てます。

きれいな水色の配色が目にやさしくて、使いやすいのも高評価。

 


他にもたくさんの取引所がありますが、不安定(サーバーや会社的に)なところが多い印象。

 

「仮想通貨をはじめてみたい」というならば、大手である上記3つから選ぶと良いでしょう。

 

口座開設は無料ですし、海外送金をするとなった場合、得する手段としても使えます。

投資目的であれば、一気につぎ込むのではなく、少額で様子見をしながらやるのが絶対に良いです。

Zaifだったら「1日100円」から始められる積立投資もありますしね。

 

それぞれ見極めて、自分にあった取引所と仮想通貨を選ぶと良いと思います。

 

以上、『ビットコインはバブル?仮想通貨のメリット&デメリットと主要取引所3つ』でした。

 

関連記事:ビットコインと仮想通貨はいつが買い時?3つの視点から考える投資戦略

 

PROFILE

マルクス マルオ

旧来のキャピタリズムから脱却するため、2017年より仮想通貨を開始。悶々と株に費やした時間はなんだったのか、と思う日々。

タグ: , , , , , , , , , , ,

記事一覧 仮想通貨