ESSAY, 海外

サマータイムの終わり/フランス・ナントにて

先日、1029日深夜0時に欧州では夏時間が終わりました。

 

いやぁ、もう秋だっていうのに夏時間の期間が長くて、朝が遅くて夜も遅くて変な気分でした。

 

ここで突然の一句

 

気が狂う

秋の夜長の

夏時間

 

今回の記事はヨーロッパのサマータイム(夏時間)についてです。

太陽はオー、みんなのものだ!

太陽が燃えているかぎり
かならずまぶしい朝がくる
悲しみの夜が つづいても

君は 負けずに朝を待て
太陽はオーみんなのものだ
誰にでもオー光をくれる

イーグル! シャーク! パンサー!
イーグル! シャーク! パンサー!

おれたちも輝いて 生きようぜ
Follow The Sun, Catch The Sun
太陽戦隊サンバルカン

『太陽戦隊サンバルカン』OP2番歌詞

上記は世紀の傑作(そして『愛國戰隊大日本』パロディ元になった)名作戦隊物、『太陽戦隊サンバルカン』の歌詞です。

 

ANIMEX 1200シリーズ113 太陽戦隊サンバルカン MUSIC COLLECTION

最近、朝がとても暗い!

ほんとうに、太陽の光は誰にでも光をくれる!

 

太陽の光は活力だ。

引きこもりがちで、遮光カーテンを愛用する僕だって、太陽がないとやっぱりつらい。

元気が出ない。

 

僕はいまフランスの西の端の街にいます。

ここ、太陽が上がるのがとてもおそいんです。

 

朝は日の出が午前九時、日没は夜7時くらい。

8時なんて真っ暗!

朝は気温もとても寒い!

 

 

とてもじゃないけど、朝に外なんて、全然行く気がしません!

 

そんなんだから、太陽の光で起きようとすると、自然に目覚めるのは朝10時になってしまう……

 

そんなんじゃだめだ!

ひきもりが悪化してしまいます!

 

なぜこんなに日の出が遅いか、フランスは緯度が高いのはもちろんですが、大きな理由は「サマータイム」です。

サマータイムって?

夏の間、時計の針を一時間早くするこのサマータイムという習慣は、今から100年前、第一次世界大戦の頃ドイツで始まり、ヨーロッパじゅうに広まりました。

 

資源の節約や工場操業時間の延長が目的だったそうですが、いまでは午後の日照時間が増えることによる余暇の充実も目的の1つになっているみたいです。

 

サマータイムって、戦争が根付かせた習慣だっていうのは何だか意外ですよね。

でも、夏どころか1年の半分以上の期間、3月から10月までがサマータイムなので、10月の朝はとっても暗いってわけだったんです。

 

実は、通常時間より夏時間の期間のほうが長いんです!

もう逆じゃん!やりすぎじゃないでしょうか!?笑

日本にもあった!?サマータイム

そういえば昔、日本にもサマータイムがあったと祖母に聞いたことがあったので調べてみました!

いわく、

日本でも連合国に占領されていた、

1948年~1952年にかけてサマータイムが導入されていたとのこ(欧州より短い5月~9月)。

 

でも、欧州にくらべて緯度の低い日本ではあまり意味がなかったのか、占領の終了と共に、サマータイムの導入も終わりました。

 

なので、今のぼくら日本人にはサマータイムにまったく馴染みがないですよね。

時間が変わる!時差も変わる!

サマータイムに気づかずに朝起きたら、なんだか時間が変!

 

腕時計や部屋の時計とスマホやパソコンと1時間もズレていて慌てました。

デジタルはすごい!スマホもすごい。だって自動で時間を調整してくれるんですから。

 

あわてて腕時計の時間を1時間おそくして、通常時間にあわせました。

日本とフランスの時差も7時間→8時間と、長くなりました。

 

 

 

時間って人間の作りだした「相対的なものなんだ」って事が、つくづく実感させられますね!

暗い朝も、もう終わる!

でも、冬至まであと2か月あるわけですから、せっかく時計の針が1時間遅くなっても、これからまたどんどん朝が暗くなっていきますね。

 

もともとクリスマスは冬至が終わって日が長くなりはじめることをお祝いするお祭りだったとか。

 

これだけ夏と冬の日照時間が極端だと、とても共感しますね。

なんでそれで大丈夫なのかヨーロッパ!

夏時間終了の翌日、バスに乗ったら、バスの中の時計がまだ夏時間で、1時間時計が遅れていました!

 

でも、バスは時刻表通りにきました。

 

きっとみんな慣れているから大丈夫なのでしょうが、絶対誰か間違えますよね。一瞬変な冷や汗をかきました。

次の変更は3月

次に再び夏時間が始まるのは、来年の3月から、らしいです! 

 

夏時間初心者のぼくは、また混乱してしまいそうです!笑

 

3月から朝の時間が1時間早くなるのはちょっとやりすぎ?な気がしないでもないです。

 

でもそれもヨーロッパの文化ですね!

 

PROFILE

タイヘイ

桃栗三年柿八年、わたしはきっと五十年。 現在芸大休学生、もうすぐ休学を休みます。 好きな物は歴史とクラシックカメラ

  • REVIEW, カメラ

    自宅で簡単、大判フィルム現像!~現像編~

    2018-07-01

    READ MORE >

  • SPOT, 海外

    エカテリンブルクの見どころ・オススメ観光スポット11選!

    2018-06-24

    READ MORE >

  • REVIEW, 海外

    安くて美味しい!! ロシアの大衆食堂『スタローバヤ / Столовая』のごはんと使い方

    2018-06-24

    READ MORE >

  • REVIEW, カメラ

    自宅で簡単、大判フィルム現像!~現像編~

    2018-07-01

    READ MORE >

  • SPOT, 海外

    エカテリンブルクの見どころ・オススメ観光スポット11選!

    2018-06-24

    READ MORE >

  • REVIEW, 海外

    安くて美味しい!! ロシアの大衆食堂『スタローバヤ / Столовая』のごはんと使い方

    2018-06-24

    READ MORE >

  • REVIEW, カメラ

    自宅で簡単、大判フィルム現像!~準備編~

    タイヘイ

    READ MORE >

  • REVIEW, 海外

    安くて美味しい!! ロシアの大衆食堂『スタローバヤ / Столовая』のごはんと使い方

    2018-06-24

    READ MORE >

  • REVIEW, カメラ

    自宅で簡単、大判フィルム現像!~準備編~

    2018-04-03

    READ MORE >

  • RICOH GR2 レビュー

    REVIEW, カメラ

    憧れの高級コンパクトカメラRICOH GRⅡをついに購入!そのメリットとデメリット

    2017-12-14

    READ MORE >

  • REVIEW, カメラ

    今時デジカメを買う理由やメリットなんてあるのか?スマホと比較して考えてみる

    2017-11-22

    READ MORE >

  • REVIEW

    アーロンチェアとコンテッサ・バロン、どっちが良い?使ってみた感想とメリット&デメリット

    2017-11-16

    READ MORE >

  • REVIEW

    世界を分析する力を! 『ものぐさ精神分析』2-書評

    2017-10-17

    READ MORE >

  • REVIEW

    世界を分析する力を! 『ものぐさ精神分析』1-書評

    2017-10-15

    READ MORE >

  • REVIEW

    認識・仕事論としての『「松本」の「遺書」』2-書評

    2017-10-14

    READ MORE >

記事一覧 REVIEW