仮想通貨

イーサリアム(ETH)は今後どこまで伸びる?2018年の予想価格と将来性

先週(1月16日〜)の大暴落はすごいものでしたね。

 

ビットコインは100万円まで急降下したんですから!

 

痛快ですよ、もはやスカイダイビング!

 

ですが、何度も言います。

 

こんなことは定期的に起こる!

それに狼狽してパニック売りするのは愚の骨頂!

 

以下の記事でも口酸っぱく書いてますから、ぜひ読んでください。

暴落時に狼狽売りしてどうするの?

仮想通貨との付き合い方〜高値づかみでも乱高下に一喜一憂しない方法

 

今日現在(2018/01/24)は、やや回復傾向にありますね。

 

このまま、ジワ上げジワ下げを繰り返して2月を迎えるのでは、というのがわたしの予想です。

 

ま、株もそうですからね、12月は上げて、1月、2月は下がりやすいですから。

 

年始開始組の人はこのあたりグッとこらえて、長期的視線でガチホしてください。

握っている者は救われる、という格言が、投資業界ではありますから。

 

そしてこの大暴落を喜びましょうよ。

なんたって、大バーゲンセール中なんですから!

ネムと並ぶ絶対注目銘柄・イーサリアム

数ある銘柄の中、わたしが特に注目し投資しているのが、ネム(XEM)とイーサリアム(ETH)です。

 

ネムについてはこの記事で記しており、大人気記事となっています。

 

関連記事・ネム(NEM/XEM)は今後どこまで伸びる?2018年以降の将来性と予想

 

同じように、イーサリアムは今後どこまで伸びるかのか?

 

以下より見ましょう。

ビットコインより優位性高し!2018年はイーサリアムの年になりそう

言うまでもなく、去年(2017年)はビットコインの年でした。

 

仮想通貨の王者(インフラ)として、引き続きリードしていくでしょう。

 

ですが、仮想通貨は移り変わりがとてつもなく早い!

 

現在の時価総額はこんな感じですが、これら全てのランキングが数カ月後に入れ替わっても不思議ではありません。

 

ランキングを見てもお分かりのとおり、イーサリアムは2位です。

 

ネムやリップルを抑えてこの地位にあるのはなぜか?

 

第一に、スマートコントラクト技術を利用していること。

これは、ビットコインには無い特徴なのです!

 

でも、「スマートコントラクトってなんだ?」となりますよね。

 

超簡単に言うと、中央機関を通さずに契約内容を自動執行管理ができます。

もっとくだいて言うと、法人契約やら行政記録やらも全部管理できる。

すなわち、社会インフラで利用される可能性が、圧倒的に強い!

 

とりあえず、ビットコインには無い優れたメリットがあるんだな、という理解でOKです。

 

このイーサリアムの技術活用を目指す企業連合にEEA(エンタープライズ・イーサリアム・アライアンス)があります。

メンバーには、マイクロソフトやJPモルガンといった世界的企業が参加していますね。

 

このプロジェクトが実現するのは、もはや時間の問題です。

その時、伸びしろ抜群のイーサリアムは、どのように火を吹くのか……!?

イーサリアムの2018年以降の予想価格

例によってこのサイト(英語)には、このように予想価格が出ています。

 

1ドル/109円換算で日本円にしてみましょう。

 

2018年1月 12,6813円

2018年2月 16,4835円

2018年3月 13,1868円

2018年4月 14,0659円

2018年5月 16,1538円

2018年6月 16,4835円

2018年7月 15,6703円

2018年8月 15,6703円

2018年9月 19,3626円

2018年10月 20,0219円

2018年11月 28,0109円

2018年12月 24,9560円

 

そして来年の今頃は……

 

2019年1月 31,5824円

 

約31万円ですか。

現在の価格(約11万)からみて約2,9倍。

まあポテンシャル考えたら、「当然!」といった予想価格ですね。

 

そもそも、この3ヶ月のチャート見ても、すでに20万円付近に達しましたし。

 

 

先程書いたように、EEAが大々的にイーサリアムをプッシュしたらどうなるか?

想像するまでもないですよね。

 

個人的には年内50万円に行っても、驚きはありません。

剰余資金と頭を使って、楽しく投資すること

仮想通貨バブルと言われていますが、ブロックチェーンやスマートコントラクトといった技術そのものは、まだまだ始まってもいません。

 

情報を知れば知るほど、「時代がまだ追いついてないなあ」と思ったりさえします。

 

と同時に、お金との付き合い方も激変する様が見て取れます。

増えもしない貯金を銀行に預けているのが、バカらしくて仕方ありませんよ。

 

もちろん、生活費をぶっ込んでまでやるものではないです。

それはギャンブル。

 

まずは余剰資金(生活に困らないお金)で投資するのが鉄則です。

 

イーサリアムを取引するなら、どう考えてもZaifです。

 

単純に、他より手数料が安くて、板取引ができて、積立投資まであるんですから。

そしてチャットが面白いんです!

かつてのネット文化みたいなノリなんですよ。

 

それも体験しながら、楽しんで仮想通貨と付き合って欲しいですね。

 

Zaifで口座を開設する

 

取引所のチャット文化や違いについては、以下の記事を!

 

仮想通貨取引所で「あの祭り」感覚をもう一度!COMSAとチャット文化

仮想通貨取引所はどれが良い?大手3社の特徴と比較〜bitFlyer、coincheck、Zaif

PROFILE

マルクス マルオ

旧来のキャピタリズムから脱却するため、2017年より仮想通貨を開始。悶々と株に費やした時間はなんだったのか、と思う日々。

タグ: , ,

記事一覧 仮想通貨