ESSAY

どんな街に、住んでみたい?吉祥寺?恵比寿?横浜?

葛飾北斎は、生涯に90回以上も引っ越しをしたそうだ。

ベートーベンは、70回以上。

夏目漱石は、40回以上。

 

彼らはみんな、創作者だ。

理想が高い。

こだわりが強い。

だから、より良い環境をもとめて、

「もっと、もっと!」

なんて意識が、引っ越しという形でもあらわれてしまったんだろう。

 

人は一生のあいだ、何回引っ越しをするものなんだろう?

あるアンケートでは、3回ぐらいがいちばん多かったそうだ。

進学や就職のため一人暮らし、結婚、いずれマイホーム購入……

そう考えればたしかに3回ぐらいしか、引っ越しなんてしないのかも。

 

わたしの場合はどうか。

10回は引っ越してると思う、記憶の上では。

家を買うつもりも今のところないので、これからもっと増えるだろう。

なので、生涯通算20回は越えてしまうんじゃないか。

 

住みたい街ランキングってどうよ?

住みたい街ランキング」なんてのが、よく発表される。

関東でいえば、「吉祥寺」が毎度1位だ。

それに「恵比寿」、「横浜」、「目黒」、「品川」なんてのが続く。

思わず、

「う~む……」

と苦い顔なってしまう人、わたしだけじゃないと思いたい。

 

吉祥寺はたしかに便利だ。

新宿にも渋谷にも、1本でいけるし、井の頭公園もある。

ただ、住みたいか、といったらちょっと違う。

近場の中央線駅だったら、武蔵境や東小金井の方がこじんまりしてるし、もっとおおきな公園もあるから、そっちが良い。

井の頭線だったら、浜田山から永福町にかけてが良いかな。

高いけどね、あのへん。

 

ランキング上位をみると、どこもごちゃごちゃした駅周辺ばかりだ(住んでる人には悪いですが)。

たとえば、恵比寿

リッチなイメージはたしかにあるし、高級マンションも多い。

けれども、けっこう騒がしいと思うんだよね。

まあ都心はどこも、ごちゃごちゃとうるさいけど。

もし山手線駅で選ぶとしたら、わたしなら駒込駅から日暮里あたりがいい。

 

そして、横浜駅

これは絶対違う!

横浜市のどこか、たとえば東横線沿いのどこかだったら分かるけど、横浜駅周辺は住むに適したところではないと思う。

繁華街とビジネス街じゃん! というのが元横浜市民であるわたしのイメージ。

上位に入ってるのは、たぶん、高層マンションが増えたせいかな。

あと、「横浜」という名前が、変に都会的と思われているだけかもしれない。

でもそれって「みなとみらい」や「桜木町」方面のことだよ?

 

わたしが住んでみたい街は・・・

さて、わたしが「住んでみたい街」は、どこだろう。

いくつか候補があるけど、ベストを選ぶとしたら、

西宮北口

それと、

夙川(しゅくがわ)

どちらも、兵庫県西宮市にある。

川があってさんぽできるし、街並みはキレイだし、山と海が近いので空気が澄んでいる。

神戸や大阪、どちらにもすぐ行けるし、なにより甲子園が近い。

そもそも西宮市は高級住宅街ばかりで、環境がいいのだ。

もっとも「芦屋市 六麓荘町(ろくろくそうちょう)」という日本最強のお屋敷街が、おとなりにあるのだが。

 

ともかく、関西に移住したらそこだ!

 

……なんて、思っていたけど、さっきのランキングでは「西宮北口」が堂々の1位で、「夙川」も上位に入っている……

みんな、考えることは同じなんですね。

 

関西の人からすれば、「また西宮北口ですか!」と、冷笑されたりするのだろうか。

関東の人が、「また吉祥寺ですか!」という感じで。

 

 

〈文・伊藤ふうが〉

タグ: , , , , , , ,

  • ESSAY

    『アウトレイジ 最終章』は、大物役者たちの名演を味わおう! 

    2018-03-14

    READ MORE >

  • ESSAY

    天才型と努力型、あなたはどっち?〜島田紳助に学ぶ成功者の法則〜

    2017-11-06

    READ MORE >

  • ESSAY

    リア充なんてホントはいない!ハロウィンはなぜバカっぽくみえるのか

    2017-10-27

    READ MORE >

  • ESSAY

    『アウトレイジ 最終章』は、大物役者たちの名演を味わおう! 

    2018-03-14

    READ MORE >

  • ESSAY

    天才型と努力型、あなたはどっち?〜島田紳助に学ぶ成功者の法則〜

    2017-11-06

    READ MORE >

  • ESSAY

    リア充なんてホントはいない!ハロウィンはなぜバカっぽくみえるのか

    2017-10-27

    READ MORE >

  • ESSAY

    週刊:今日の共産主義⑩ 『Must crush capitalism!』

    2018-07-21

    READ MORE >

  • ESSAY

    週刊:今日の共産主義⑨『ウンターデンリンデン!ウンターデンリンデン!』

    2018-07-14

    READ MORE >

  • ESSAY

    週刊:今日の共産主義⑧『東ドイツを資本家と米帝から取り戻す市民の会』

    2018-07-06

    READ MORE >

  • ESSAY, 海外, 美術

    ドイツ美術日誌:1「個展までの道のり」

    2018-07-04

    READ MORE >

  • ESSAY

    週刊:今日の共産主義⑦『ソビエトは死なない』

    2018-07-01

    READ MORE >

  • ESSAY, 海外

    かわいい子犬ちゃん〜謎雑種と眉間のシワ〜

    2018-06-24

    READ MORE >

  • ESSAY

    週刊:今日の共産主義⑥『プロレタリアは海上帝国主義を許さない』

    2018-06-17

    READ MORE >

  • ESSAY, 美術

    グイド・レーニの聖セバスティアヌスと『カルロ・ボノーニの聖セバスティアヌス』 ー週刊聖セバスティアヌス③ー

    2018-06-16

    READ MORE >

記事一覧 ESSAY, 美術