海外

どきどき!初・生マーラー!inフランス -1

 ←どきどき!マーラーその2

興福寺の寺領、南都

フランスのロワール川沿いにあるナントという街に、僕はいま暮らしています。

「南都からナントに来ました!」

とかいうギャグを言うために奈良を訪れたのは、もう数か月も前の事です。

 

ちゃんとした目的は、留学。

 

しかし日がな一日、隣家の屋根の装飾を観察したり、

自分の部屋の天井のシミを数えたりする、

といったことが日常業務と化しています。

 

これでは留学ではなく、ただ暮らしてるだけですね……

 

(隣家の屋根の装飾)

 

小さいころから、

「遊び暮らす」

とか、

「遊民」

なんていう言葉が大好きな僕ですから、

「これじゃぁいかん! 学ばなくてもいいが、せめて遊ばねば!」

と切迫感に駆られて、思い切って遊びに行くことにしました。

 

そう、大好きなクラシックコンサートへ。

ロワールフィル? いやいやONPLだ!

1ヶ月前のこと、南都同胞親睦会(通称チーズパーティー)において、

C君という、いかにも聡明そうな同胞と知り合いました。

その時に「クラシック音楽」という共通の趣味をもつ彼から、以下のことを教えてもらいました。

 

・ナントに交響楽団が存在するらしいこと

・日本において、「ロワールフィル」と呼ばれるその楽団は、ONPL Orchestre national des Pays de la Loire  という、ありがたいお名前であるらしいこと

・近いうちに、そこがグスタフ・マーラーの交響曲を公演するとのこと

 

そんな重要機密情報を耳にしていた僕は、さっそく彼と連絡を取り合い、2人してONPLの公演に行くことにしました。

フランス語の予約サイトの試練をかいくぐって、やっと手にしたチケット。

3階席最前列

学生価格で8ユーロ(日本円で千円ぐらい)!

 

演目は、マーラーの『交響曲五番』!!

 

日本にいた頃は、

「俺はマーラー5番は4楽章よりも1楽章が好きだぜ」

と、通ぶっていた僕ですが、実は生で5番を聞きに行くのはこれが初めて!!

期待と興奮から、家を出る前にYouTubeで、『ベニスに死す』のトレーラーを何度も見てしまいました。

 

わたし、ナントに死ぬんですかね。

と、その前に南都名物・蕎麦我烈斗をいただく

夕方、南都城の前で待ち合わせした僕らは、まずは腹ごしらえに名物である「ガレット」を食べに行くことにしました。

 

(南都城 堀の底が芝生の公園に整備されて、カップルの親睦の場になっています。堀の写真は割愛)

ナント育ちのDさん推奨の名店です。

値段は1つ10€~13€くらい。

ちょっと贅沢な外食です。

 

ガレットとは、そば粉でつくられたクレープ生地の上に、様々な具が載るここブルターニュ地方の名物料理のこと。

生地の上に、野菜やハムやチーズをのせて食事として食べたり、砂糖やバターをのせておやつとして食べたりします。

 

 

テラス席に座り、平日の夕方から贅沢な時間です。

「名物に美食無し」

なんて言ったのは誰でしょうか。

このガレットに限ってはそれは当てはまりません。

自信をもってお勧めできる美味しさです!

 

これに同じくブルターニュ地方の名物酒、シードル(リンゴ酒)を付けるのが地元流ですが、

今日はこれから神聖な交響曲5番の公演に行くとあって、アルコールは控えました。

 

さて、時刻は7時半。公演は8時半から。

日が暮れるのが遅いというのもあり、それほど人は見かけません。

日の暮れる前にテラスの席を立ちあがり、徒歩でコンサートホールを目指します。

(ガレットのお店がある旧市街の路地)

 

街の中心はまるで東京郊外

ナントは不思議な街です。

街の中心は、ほとんどが新しい建物。

まるで東京郊外のニュータウンみたいな雰囲気です。

鉄とガラスとコンクリートでできた低層建築群。

東京育ちの僕は、中心街に来るたびに望郷の念に駆られる・・・と言ったら言い過ぎでしょうか?笑

 

その新しい中心街を囲むように旧市街が広がっています

人の賑わいは中心街と旧市街の境界線が、やはり一番賑やかでしょうか!

 

話しがずれてしまいました!

 

さて、旧市街のガレットレストランから歩いて15分ほど、

中心街のコンサートホールに到着しました。

 

時刻は8時前、あたりは段々と夕闇に包まれてきました。

見てください、この東京郊外感!

右となりにはNOVOTELというビジネスホテルがあり、一層東京感を演出してくれています!

 

ご年配のお客さんの多くが、ホテルからコンサートホールを目指して移動しているのを見ると、

ここの演奏には一泊の価値があるのかもしれません!

 

楽しみです。期待が膨らみます。

 

いよいよマーラー

いよいよ次回はコンサートホールの中、マーラーの公演です!

 

続きどきどき!マーラー2→

 

 

 

PROFILE

タイヘイ

桃栗三年柿八年、わたしはきっと五十年。 現在芸大休学生、もうすぐ休学を休みます。 好きな物は歴史とクラシックカメラ

タグ: , , , ,

  • REVIEW, カメラ

    自宅で簡単、大判フィルム現像!~現像編~

    2018-07-01

    READ MORE >

  • SPOT, 海外

    エカテリンブルクの見どころ・オススメ観光スポット11選!

    2018-06-24

    READ MORE >

  • REVIEW, 海外

    安くて美味しい!! ロシアの大衆食堂『スタローバヤ / Столовая』のごはんと使い方

    2018-06-24

    READ MORE >

  • REVIEW, カメラ

    自宅で簡単、大判フィルム現像!~現像編~

    2018-07-01

    READ MORE >

  • SPOT, 海外

    エカテリンブルクの見どころ・オススメ観光スポット11選!

    2018-06-24

    READ MORE >

  • REVIEW, 海外

    安くて美味しい!! ロシアの大衆食堂『スタローバヤ / Столовая』のごはんと使い方

    2018-06-24

    READ MORE >

  • REVIEW, カメラ

    自宅で簡単、大判フィルム現像!~準備編~

    タイヘイ

    READ MORE >

  • REVIEW, 海外

    安くて美味しい!! ロシアの大衆食堂『スタローバヤ / Столовая』のごはんと使い方

    2018-06-24

    READ MORE >

  • REVIEW, カメラ

    自宅で簡単、大判フィルム現像!~準備編~

    2018-04-03

    READ MORE >

  • RICOH GR2 レビュー

    REVIEW, カメラ

    憧れの高級コンパクトカメラRICOH GRⅡをついに購入!そのメリットとデメリット

    2017-12-14

    READ MORE >

  • REVIEW, カメラ

    今時デジカメを買う理由やメリットなんてあるのか?スマホと比較して考えてみる

    2017-11-22

    READ MORE >

  • REVIEW

    アーロンチェアとコンテッサ・バロン、どっちが良い?使ってみた感想とメリット&デメリット

    2017-11-16

    READ MORE >

  • REVIEW

    世界を分析する力を! 『ものぐさ精神分析』2-書評

    2017-10-17

    READ MORE >

  • REVIEW

    世界を分析する力を! 『ものぐさ精神分析』1-書評

    2017-10-15

    READ MORE >

  • REVIEW

    認識・仕事論としての『「松本」の「遺書」』2-書評

    2017-10-14

    READ MORE >

記事一覧 REVIEW