海外

どきどき!初・生マーラー!inフランス – 2

←どきどき!マーラーその1

どきどき!マーラーその3→

いよいよコンサートホール!!ロワールフィルの公演です! でもそのまえに

 

〈続〉いよいよマーラー! あれっ、でも、そもそもマーラーって何だっけ?

 

グスタフ・マーラー(Gustav Mahler)は1870年オーストリア帝国、ボヘミア(現チェコ)生まれで、

ウィーンで活躍した作曲家、指揮者です。その生涯に9つの交響曲を完成させています。

 

( 22歳のマーラー )

 

両親はユダヤ人で、彼自身の言葉を借りると、

「私は三重の意味で故郷がない人間だ。オーストリア人の間ではボヘミア人、ドイツ人の間ではオーストリア人、そして全世界の国民の間ではユダヤ人として」  引用wikipedia

という、グスタフ・マーラーはまるで当時のオーストリア帝国を象徴するかのような生い立ちの人物です。

 

フランスに来ているのに、なんでこんなにマーラーの名前を連呼しているのでしょうか。

 

 

でもそれがヨーロッパの良いところ!芸術には国籍も垣根もありません!(建前)

 

あれあれ、生マーラー初めてじゃなかったかも?

マーラーの交響曲を生で聞いたことが、以前に1度だけありました!

 

なのでタイトル訂正、

 

どきどき!初・生・マーラー交響曲五番!!in ナント 

 

でしょうか!? でも羊頭狗肉が僕のモットーなので、訂正いたしません笑

 

(東京芸術劇場 http://www.geigeki.jp/)

 

けれど、その以前の1回は、ずいぶん退屈した思い出なのです。

場所は東京芸術劇場。クラシックに興味を持ち始めて、コンサートに通いはじめたばかりの頃だったとおもいます。

 

 

 

しかし、その時は 不覚にも寝てしまったのです!!!!!!!!笑

 

 

 

なので、マーラーの何番だったか、そしてどんな演奏だったかまるで覚えていませんでした。

 

覚えていることと言ったら、マーラーの曲って、ひたすら長くて重くてしんどくて、退屈だなぁ・・・・・

といったことぐらいでした。

 

そもそも何でマーラーが素晴らしいの?(個人的見解)

実は、マーラーの曲が大好きになってから、まだそんなにたっていません。

 

去年のある日、作業BGMとしてマーラーの交響曲1番「巨人」、そして交響曲5番全編をかけていたところ、ものすごく書類作業が捗ったのです!

 

理由はわかりませんが、本当にマーラーの音楽は捗るのです。そのうえ約1時間の演奏時間も作業用にはちょうど良い!

(演奏される方々には、マーラーの長さはすごくきついだろうとおもいます。だって、モーツァルトとか普通演奏時間30分ですから。)

 

今、僕がこうして海外で遊ぶことが出来ているのは、マーラーと共に書き上げた書類のお陰なので、

マーラーはいつしか勝利の音楽となりました。

 

勝負の赤フンドシのようなものです!

 

マーラーの交響曲、作業用音楽にホントにおすすめです!

 

 

銀河英雄伝説とマーラー、あるいはクラシック

しかし、そんな味気ない理由だけでこんなにマーラー熱烈激烈に好きになるはずがありません!

そう、他にもありました!マーラー体験が!

 

あれはまだ、夢と絶望いっぱいの浪人生だったころ、

予備校をさぼりまくって「銀河英雄伝説」というアニメを2週間で全話見たんです。

 

銀河英雄伝説は未来の宇宙を舞台にしたSFで、

マキャベリズムと艦隊決戦がいっぱいの、ひねた男の子の大好物のようなアニメです!とても面白い!

 

しかし、とても長いアニメシリーズなのです。

本編全110話、外伝入れると160話くらい。

 

つまり、160話×30分=80時間

 

すると、1日6時間、12話ずつ見続けていたということになります。。

大事な時期にこんなに時間を無駄にしてたんですね、馬鹿ですね僕は。

 

その銀河英雄伝説、なんとアニメ劇中の挿入曲がすべてクラシックなのです!!

 

それもすべて、旧東ドイツの国営レコード会社、人民公社ドイツ・シャルプラッテンの音源だったのです!!

さすが徳間書店制作だぜ!!

 

人民公社とか東ドイツとかいう単語に、恋のような切ない感情を抱いてしまうのは、僕がゆとり世代だからでしょうか?

 

銀河声優伝説ともあだ名されるこのアニメは、めくるめくイケメンボイスと、重厚なクラッシックの世界!ショスタコの「革命」を、銀英伝で知った諸兄も多いんじゃないでしょうか!?

 

その中に、マーラーがあったんです。

そしていつのまにか、耳と脳にマーラーが植え付けられていたんですね!

 

 

ファイエル!!!

 

ベニスに死す

そしてもちろん、ヴィスコンティ監督の名画「ベニスに死す!」

 

美少年好きの皆様も、眼鏡オヤジが好きな皆さんもみんなご存知、ベニスに死すです。

 

映画の全編にわたり、マーラーの交響曲5番の第四楽章「アダージェット」が使われており、

この映画がマーラー交響曲5番の第4楽章を、美と若さと恋の象徴にしたといっても過言ではないでしょう!

 

もう予告編からしてマーラーゴリ押しですね!

 

トーマス・マンの同名の小説を原作に作られた映画です

 

僕も、この映画を見た後は第四楽章「アダージェット」ばかりを聞いていました。

しかし、アダージェットはマーラーの交響曲の中ではとても珍しい、優しさと柔らかさにあふれた、官能的な夢のような曲なのです。

 

ダーク・ボガード演じる主人公アンシェンバッハは、マーラーをモデルにしています。

 

ざっくりいうと、作曲家がベニスで美少年タジオに恋をして、ベニスの街で疫病にかかって死んでしまうというストーリーです。

 

僕は去年、このアンシェンバッハが死ぬときのシーンと同じ眼鏡を買ってしまいました!

イチヤマ眼鏡といって、昭和天皇もかけておられたとか! 値段は、日本ーフランスの片道航空券と同じくらいしました笑

 

 

 

ちなみ再来週、ベニス行ってきます。

 

次回!マーラー絶頂の第4楽章!第5楽章で走馬燈はしる!そして放心!  

引っ張るつもりはありませんでしたが、興奮して書き連ねてしまい、長くなったので、マーラー本編のレポは次回に続きます!

続き どきどき!マーラーその3→

PROFILE

タイヘイ

桃栗三年柿八年、わたしはきっと五十年。 現在芸大休学生、もうすぐ休学を休みます。 好きな物は歴史とクラシックカメラ

タグ: , , , ,

  • REVIEW, カメラ

    自宅で簡単、大判フィルム現像!~現像編~

    2018-07-01

    READ MORE >

  • SPOT, 海外

    エカテリンブルクの見どころ・オススメ観光スポット11選!

    2018-06-24

    READ MORE >

  • REVIEW, 海外

    安くて美味しい!! ロシアの大衆食堂『スタローバヤ / Столовая』のごはんと使い方

    2018-06-24

    READ MORE >

  • REVIEW, カメラ

    自宅で簡単、大判フィルム現像!~現像編~

    2018-07-01

    READ MORE >

  • SPOT, 海外

    エカテリンブルクの見どころ・オススメ観光スポット11選!

    2018-06-24

    READ MORE >

  • REVIEW, 海外

    安くて美味しい!! ロシアの大衆食堂『スタローバヤ / Столовая』のごはんと使い方

    2018-06-24

    READ MORE >

  • REVIEW, カメラ

    自宅で簡単、大判フィルム現像!~準備編~

    タイヘイ

    READ MORE >

  • REVIEW, 海外

    安くて美味しい!! ロシアの大衆食堂『スタローバヤ / Столовая』のごはんと使い方

    2018-06-24

    READ MORE >

  • REVIEW, カメラ

    自宅で簡単、大判フィルム現像!~準備編~

    2018-04-03

    READ MORE >

  • REVIEW

    アーロンチェアとコンテッサ・バロン、どっちが良い?使ってみた感想とメリット&デメリット

    2017-11-16

    READ MORE >

  • REVIEW

    世界を分析する力を! 『ものぐさ精神分析』2-書評

    2017-10-17

    READ MORE >

  • REVIEW

    世界を分析する力を! 『ものぐさ精神分析』1-書評

    2017-10-15

    READ MORE >

  • REVIEW

    認識・仕事論としての『「松本」の「遺書」』2-書評

    2017-10-14

    READ MORE >

  • REVIEW

    認識・仕事論としての『「松本」の「遺書」』1-書評

    2017-10-13

    READ MORE >

記事一覧 REVIEW