仮想通貨

【2018年1月版】仮想通貨はどれを買えば良い?初心者にオススメの銘柄3選

2018年取引口座開設組の確認ハガキが到着しているそうです。

 

ようやくですね。

2017年11月ぐらいまでは、どこも一週間程度で着たものですが。

殺到中とはまさにこのこと!

 

ただ口座は開いたものの、「どれを買ったら良いんだ……?」と悩んでいる人も多いのでは。

仮想通貨=ビットコインだけ、と思っていた人はなおさら。

 

現在、仮想通貨銘柄は1500以上もあり、日々増殖中です。

 

その中から、とりあえずこれを買っておけばOK!、という銘柄をピックアップ。

ビットコイン(BTC)は基礎インフラ

2017年12月の乱高下はスゴいものでした。

 

100万円を越えたと思ったら、あっさり200万も突破してしまったんですから。

「2018年の秋には220万突破」という人工知能の予想もたやすく裏切ったのも痛快なほどでしたね。

 

関連記事・仮想通貨との付き合い方〜高値づかみでも乱高下に一喜一憂しない方法

 

新年に入ってからは、下落しながらも落ち着いた値動きが続いています。

しばらくあの躁状態はやって来ないかな、という感じですね。

 

それでも、ビットコインは全仮想通貨の中でも最重要銘柄。

ビットコインが上がれば他の銘柄も続くし、逆に下がれば引っ張られます。

当然ですね、時価総額的に考えても、知名度を考えても。

国連でいえばアメリカみたいなポジションです。

 

だからその意味でいえば、ブランド力も最強。

1ビットコイン買うのが厳しければ、その半分の0.5か、さらに半分の0.25ビットコインぐらい持っていて良いです。

 

一方、あまりに大きくなりすぎて、ちょっとつまらなくもなっています。

今後どのような動きになるのかが予想できてしまい、ワクワクに欠けるというか。

 

ビットコインは大手取引所だったら、どこでも買えます。

bitFlyerは取引量No.1ですし、Zaifは積立投資ができます。

イーサリアム(ETH)は2018年の覇者になるか?

時価総額ランキング2位のイーサリアム。

ビットコインの停滞をよそ目に、連日上昇を続けています。

 

ちょっと前までは、数万円台で買えたんですけどね〜。

といっても、たった1ヶ月前の話ですよ?

 

年内50万円という予想価格も出ていますが、べつに驚きはありません。

PoSへのハードフォーク(新仕様へ進化)、アプリへの応用などといったことから、もっと増えても不思議ではないですよ。

 

ただ、ビットコインもそうだったように、分裂騒動に巻き込まれる可能性はあります。

巨大化するにはつきものですけどね。

 

イーサリアムもどこでも売っていますが、オススメは断然Zaifです。

他は割高ですし、手数料も高いし、なにより板取引ができないんですよ。

 

Zaifで口座を開設する

 

くわしくはこちらの記事で。

イーサリアム(ETH)は今後どこまで伸びる?2018年の予想価格と将来性

ネム(NEM/XEM)まだ100円〜200円台で買える超有望銘柄

わたしの一押しがネムです。

時価総額は6位ですが、他にない魅力を備え持っています。

 

まず、価格が安い!

2018/01/13現在で181円ですよ。

 

 

そして、カタパルト実装という好材料が待っており、将来性も抜群。

他の取引所に上場するだけで暴騰するのは、もはや想定内。

 

年内5000円を越える、との予想価格も出ていますが、もっと行っても不思議ではないです。

わたしもネムラーになってまだ日が浅いですが、日に日に愛着が増しており、アイドルを応援するような気分になってさえいます。

いつか行ってみたいな、ネムバー……

 

ネムを買うなら、やはりZaif一択。

 

ネムの将来性については、こちらの記事もぜひ読んでみてください!

関連記事・ネム(NEM/XEM)は今後どこまで伸びる?2018年以降の将来性と予想

今すぐやる人と、後悔する人

以前も書きましたが、仮想通貨の話を人にすると、反応は2つに分かれます。

 

・「え〜どうかなあ〜」と首を傾げて結局やらない人

・「よっしゃ、とりあえず口座開くわ!!!」と、すぐスマホで登録する人

 

こういう時、すぐ行動に移せる人のことを素直に「偉い!」と関心します。

わたしもかつては、前者である「懐疑的&グダグダして結局やらないタイプ」でしたからね。

 

でもそういうのって最終的には、後悔することの方が多いんですよ。

「あの時やってりゃよかった……」なんて。

 

仮想通貨を通して、つくづくこう思います。

善は急げ!

思い立ったが吉日!

 

もちろん、仮想通貨は自己責任性が強い世界ですから、失敗しても誰も面倒は見てくれません。

誰かを攻めるのもお門違い。

 

暴落したら狼狽売りなんてせず、ガチホしておけば良いんですよ。

果報は寝て待てのごとく!

 

ホント、昔の人が言っていたことは正しいですね。

なんてつくづく思います。

これも仮想通貨のおかげ……と言ったら言い過ぎでしょうかね。

 

ということで、2018年1月版オススメの仮装銘柄3選でした。

 

状況が変わり次第、随時更新していきますので、Twitterでフォローよろしくお願いします!

 

osikaをフォローする

PROFILE

マルクス マルオ

旧来のキャピタリズムから脱却するため、2017年より仮想通貨を開始。悶々と株に費やした時間はなんだったのか、と思う日々。

タグ: , , ,

記事一覧 仮想通貨